読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Scala めく春

春なので4年前くらいにコップ本の初版を読んで以来の Scala を書きます。

Scalaスケーラブルプログラミング第2版

Scalaスケーラブルプログラミング第2版

Vim

vim-scala を入れて構文ハイライトなどを手に入れます。

syntastic

syntastic は後述する vim-ensime が syntastic のコマンドを呼んでおり、インストールしていないとエラーが出るので導入しました。

(もともと syntastic を使っていたのですが、非同期実行ができなかったのでブロックされてしまい使うのをやめていました。)

せっかくなので lightline.vim で構文チェック結果を表示するようにしました:

ENSIME と vim-ensime

ENSIME brings Scala and Java IDE features to your favourite text editor

ENSIME とは IDE が提供するような定義元へのジャンプや型の表示などのリッチな機能を提供するツールです。

ENSIME は、ビルドツールと統合してプロジェクトの設定を書き出し (.ensime)、エディタが JVM のプロセスを起動し TCP (WebSocket) で通信するというアーキテクチャになっています。

ドキュメントに書いてあるようにいくつかのエディタいくつかのビルドツールがサポートされています。

vim-ensime

ensime-vim は、ENSIME という IDE が提供するような定義元へのジャンプや型の表示などのリッチな機能を提供するツールVim 用クライアントを提供するプラグイン

一時は開発が停滞しており使い物にならなかったそうですが、今はわりと活発に開発されているようでドキュメントに書いてあるとおりに導入したところちゃんと動いて使えています。

vim-ensime は Python インターフェースから WebSocket で ENSIME のプロセスと通信するという実装になっています。

websocket-client という pip パッケージを入れる必要があるので、OS XPythonsudo を使って入れたくないので Homebrew で入れた Python を使います。 ……が、手元に入れていた MacVim はシステムの Python にリンクしていたので python/dyn が使えるよう MacVim をビルドします。

brew unlinkapps
brew unlink macvim
brew tap macvim-dev/macvim
brew install --with-properly-linked-python2-python3 --HEAD macvim-dev/macvim/macvim
brew linkapps macvim-dev/macvim/macvim
✘╹◡╹✘ < vim --version | grep python
+cryptv          +linebreak       +python/dyn      +vreplace
+cscope          +lispindent      +python3/dyn     +wildignore

okok.

sbt

公式のインストール手順に書いてあるとおり sbt プラグインをインストールするだけ。

思い出す

手を動かします。

はてなインターン事前課題をやって、はてな教科書を読んで課題を進めます。Scala で Web アプリケーションを書くにあたってひととおりなにか書くにあたって、課題がまとまっていてよいです。

コップ本を片手に Scala API リファレンス を眺めるのも乙なものです。

おわり

(ひさしぶりに) Scala を書くにあたっていろいろ環境を整えたり、Scala を書く際の勘所を得る (取り戻す) ためにコードを書いたり資料を読んだりしました。

次は Play でちょっとしたアプリケーションを書いたので、その記録です。