読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かばん情報

情報が集まっているので僕も提供します。

通勤、散歩

master-piece | MSPC PRODUCT : Effect No.12341

http://www.master-piece.co.jp/products/effect12341/12341-01.jpg

これのベージュを使っている。

通勤 (徒歩20分) やカメラを持っての散歩に使っている。一番使う頻度が高い。

なぜ大きくて重い一眼レフを毎日持ち歩いているかというと、昼休みにでかけて写真を撮るのが日課でありリフレッシュするための重要なアクティビティで、自分が写真を撮るとき最も信頼している道具が大きくて重たい一眼レフであるところの K-3 だからである。

モバイルバッテリの類は持ち歩いていない。平日はオフィスで仕事をしていて電源には困らず、休日など撮影にでかけるときはカメラを手にしている時間が長く、地図を見るなどの使い方の範囲では HTC J One は充分に電池が持つので信頼している。

休日は MacBook基本的に持ち歩かない。

休日などに撮影がてら散歩するときはのべ6〜7時間くらい鞄を背負ったまま歩いたり立っているので、中身は絞ってとにかくできるだけ身軽であろうとしている。

また、移動は大半が徒歩か鉄道であり、徒歩のときは考え事をする重要な時間だし、鉄道に乗って景観を楽しんでいるので、いわゆる暇潰し用のガジェットはいらず、スマートフォン (HTC J One) ひとつで事済んでいる。

気に入っているところ
  • 軽い (700g)
  • ちょっと雨にあたっても大丈夫 (撥水加工してある)
  • いいところにポケットがある
気に入っていないところ
  • ラップトップを入れるところがついていないのでパタパタする
  • K-3 + FA 77mm を入れるとちょっときつい
  • 1室しかなくてごちゃごちゃしがち
中身の様子 (通勤)

f:id:aereal:20140114022331j:plain

  • MacBook Pro with Retina Display 13インチ
  • PENTAX K-3 + smc PENTAX FA 77mm F1.8 Limited
  • Black Rapid R-ストラップ METRO
  • 財布
  • ケータイ
  • イヤフォン
    • 今まで使っていたやつが壊れたので HTC J One についてた試供品を使っている

ちなみにストラップは Black Rapid の R-ストラップという製品で、長さの調節が簡単だったり着脱が簡単だとかあってとても便利。

R-ストラップ METRO/メトロ

R-ストラップ METRO/メトロ

休日は MacBook が抜けて、代わりにクッションケースにレンズを1本入れたものを足したり、GXR を足したりする。

外出用 (1泊くらい)

Cote & Ciel のメッセンジャーバッグを使っている。

Cote&Ciel Laptop Messenger 2012 for 15 NEW TOFFY BROWN

Cote&Ciel Laptop Messenger 2012 for 15 NEW TOFFY BROWN

帰省するとき、東京に行くときに何度か使った。おしゃれな見た目に惚れて買ったけれどあまり使っていない。

17インチまで入る大きいサイズを買ったのだけれども、物はたくさん入るが、それに耐えられる肩がないので実用的ではない。このかばん自体がそこそこ重い (1kg くらい)。

着替えなどを持つ必要のある外出が1年に数回しかなく、そのうちのほとんど (あるいは全部) が帰省であり、その時にはトランクケースを持っていくことが多いのでやっぱり使う頻度は少ない。

気に入っているところ
  • ラップトップを入れる専用のコンパートメントがある
  • かわいい
  • 色がいい
  • アクセスしやすい外側にポケットが2つある
気に入っていないところ
  • 重い (これだけで 1kg くらいある)
  • 汚れが目立ちやすい (色がくすむ)
  • コットンキャンバスなので雨に濡れるとだめそう
  • マチが短いのでカメラを入れるのにあまり向いていない
  • 大きすぎる
    • たくさんものが入れても先に肩がおかしくなるので実用的ではない

雑談 (1)

余談だけれども、「これさえあれば (ある程度の妥協はありつつも) だいたいなんとかなる」的なデバイスとしてスマートフォンは存在していると思っているので、スマートフォンを持ちながらさらにごちゃごちゃとガジェットの類を持ち歩くのは前時代的だと思っているのでタブレットは持ち歩かないことにしている。*1

雑談 (2)

一眼レフを持ち歩くことについて、まあまあ葛藤もある。

  • そもそもカメラを持ち歩くこともないのではないか
  • もっと小さいカメラを使えばいいのではないか

OM-D E-M1 とか α7R とか見て、小さいなあ、と感心したし、けっこうぐらっと来た。α7R はともかく OM-D E-M1 はマイクロフォーサーズフランジバックが短いという利点を最大限に活かした小型化が行き届いていて素晴らしいなあ、と思う。

また、GXR や過去に持っていた SIGMA DP3 Merrill などコンデジもよく撮れるカメラだってたくさんある。

操作性がどうのという話もあるが、けっきょく FA 77mm に完全に参ってしまっており、これがある限りちょっとやそっとのことでは他のカメラシステムには手を出せないな、と思った。(他のレンズ交換式カメラも調べたけれど、これに匹敵するほどコンパクトで好みの写りをするレンズは見つけられなかった)

学び

  • そこそこ重いもの (2, 3kg〜) を持ち歩くならバックパックのほうがよい
  • ショルダーバッグにたくさんものを入れても重くて人間が耐えられない
  • 少なくともラップトップ用のコンパートメントがあると便利
  • 持ち歩くものを減らせば心身共に負担が減る

*1:けれども Kindle Paperwhite はかさばらないしいいかな、ってちょっと思っている