読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Compizを使って、UbuntuでもMacのVisorぽいことをする

VisorというアプリケーションがMac OS Xにあります。ホットキーひとつでターミナルを呼び出すことができる、イカしたアプリケーションです。

これをUbuntuでも再現できたので、メモを残しておきます。

Ubuntu 10.04 + GNOME 2.30.2 + Compiz 0.8.4 という環境です。

compizconfig-settings-managerとcompiz-pluginsをインストール

$ sudo aptitude install compizconfig-settings-manager compiz-plugins

入れるものはこれだけ。

gnome-terminalのプロファイルを編集する

「常にメニューバーをデフォルトで表示する」のチェックを外します。

また、表示する行と列の数を調整しておきます。

ウィジェット・レイヤの設定を編集する

[システム] → [設定] → [CompizConfig設定マネージャ] → [デスクトップ] → [ウィジェット・レイヤ] → [動作]

[ウィジェット・ウィンドウ] にgnome-terminalを指定します。

(name=gnome-terminal)&(class=Gnome-terminal)

と入力しておきます。

[一般] タブで、ホットキーを変更しておきます。なんでもいいとおもいます。バッティングしないように。

この時点で、起動していたgnome-terminalは見えなくなるとおもいます。おもむろに、いま設定したホットキーを押してみましょう。画面が少し暗くなってターミナルが出てきます。

ウィンドウの装飾を排する

このままでも問題ないのですが、タイトルバーや影などの装飾は不要です。なので、gnome-terminalにタイトルバーなどを表示しないように設定します。

[システム] → [設定] → [CompizConfig設定マネージャ] → [エフェクト] → [ウィンドウの装飾]

[装飾適用するウィンドウ], [影を付けるウィンドウ] に以下のように入力します。

!(name=gnome-terminal)&!(class=Gnome-terminal)

ログインしたときに自動的にターミナルが起動するようにする

[システム] → [設定] → [自動起動するアプリ] に /usr/bin/gnome-terminal を追加します。

おしまい

これで快適なターミナル生活を送れます。現在、作業しているワークスペースに関係なく、ターミナルをどこからでも呼び出せます。

キーボード操作が映っていないのでわかりづらいですが、スクリーンキャストをあげておきました。どうぞご覧ください。